「9月病」というのが最近問題になっているらしいですね。
楽しい夏休みが終わって子どもが燃え尽き症候群になるのだとか。
大人も、日照時間が短くなるなどの影響で気鬱状態になるらしいですけど、子どものほうがより深刻なようです。

うーん、私たち子どもの頃ってそんなだったっけ…と思ったのですが、どうも学校の年間スケジュールの変化も問題あるんじゃないかと。
昔は3学期制で夏休みは8月31日まで。

9月1日は防災の日でキリッと避難訓練から始まり、その後すぐに運動会の練習が始まっていきなりテンションが上がるという流れだったんです。
今は先生方の都合で2学期制の学校が増え、8月後半から学校がはじまってしまうし、運動会を春に済ませてしまうところが多いので夏休み明けはなんとなくダラダラとはじまる感じ。
成績をつけるためにいきなりテスト三昧になる学校もあるみたいですし。

これでは9月病にもなるよね…と思ってしまいます。